プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー(Preserved Flower)とは?

プリザーブとは、“保存する”という意味です。

生花にプリザーブド加工という特殊な加工を施し、水分を保存料と交換させ、生花のみずみずしさや風合いを長期間保つことのできるお花です。
水やりの必要もなく枯れる心配もありません。
使用される着色料、薬品はメーカーにより違いがありますが、
オーガニックなものや、人体や環境に影響のない食用の材料を使っていると言われています。

元はヨーロッパが発祥と言われています。
1991年にフランスのベルモント社がローズのプリザーブドフラワーを発表しました。
パリやロンドンのフラワーアーティストに取り上げられ、瞬く間にヨーロッパ各地に広まりました。
ヨーロッパでは早くからディスプレイ、贈り物としても定着し、
日本でも雑誌などでとりあげられてから、
ブライダルや贈答用のプレゼントやお部屋のインテリアとして人気があります。 


生花に見劣りしない、きめ細かい柔らかな質感と、生花にはない寿命とめずらしい色が実現可能な、
まさに「魔法のお花」なのです。

プリザーブドフラワー(Preserved Flower)とは?
プリザーブドフラワー(Preserved Flower)とは?
プリザーブドフラワー(Preserved Flower)とは?
プリザーブドフラワー(Preserved Flower)とは?


ご注文はこちら